新着情報 News

(社)日本トレーラーハウス協会「給排水接続に関する」実用新案の取消請求受理2015.12.01

当協会は平成25年12月、一般社団法人日本トレーラーハウス協会に対し実用新案の無効審判請求を行いました。

この問題は平成9年3月に国交省住宅局(旧建設省住宅局)より通達された任意かつ随時に移動する為に、平成9年から全国各地で行われているトレーラーハウスの設置方法を独占化するものであったからです。

その内容は、古くから一般的に販売・使用されてきた給排水用の接続部材を平成21年8月、(社)日本トレーラーハウス協会が、新案ごとき、実用新案だと称し登録したものだったからです。

更には、全国で一般的に利用されているそれら接続部材を活用した会社に対し、実用新案侵害の通知書を出す等、脅かしとも取れる悪質な対応をしたため、当協会は特許庁に対し無効審判請求を提出いたしました。その審判の結果が出る前に、(社)日本トレーラーハウス協会は、自ら権利放棄した次第です。

トレーラーハウスは平成8年の国際公約により輸入拡大し全国に普及しております。しかしながらトレーラーハウスを健全に普及させるには未だ確かな法律が立案されていないのが現状です。

多くの輸入業者や個人、更には日本国内でトレーラーハウスを製造するにあたり、国際標準化をよく理解し、新たな産業とするために規制改革は必要です。

その為に私たち一般社団法人日本RV輸入協会は、更なる規制改革に尽力し、日本社会の中で安心、安全なトレーラーハウスの発展のために、今後も尽力してゆく所存です。

 

ライフラインの接続要綱はこちら